Church Media Japan

キリスト教会のホームページ、SNSなどのメディアを考えるサイト

お問い合わせ

メールフォーム

Church Media Japan

Church Media Japanのサイトをご覧いただきまして、ありがとうございます。このサイトは、ホームページに関わる仕事をしてきた個人が、キリスト教会のホームページについて考え、何回かに分けて記事を発表しているサイトです。教会の牧師先生、ならびに教会関係者の方々のお役に立てばと思いサイトを制作しました。今後の方向性についてはまだ決めかねておりますが、いただいた反応を検討しながら進めていきたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

レンタルサーバーって何

キリストの教えの初歩を離れて、成熟を目指して進みましょう。

インターネットをつないだついでに、ホームページ作成のサービスがあったので契約し利用しているという方むけに、一歩レベルアップするにあたっての知識をご説明しておきたいと思います。

まず、教会オリジナルのURL、ドメインと呼ばれますが、独自のドメインを取得したいという場合について。
誤解されることが多いのですが、ドメインの取得とはドメインを管理する権利を得るということです。レンタルサーバーの契約の有無や、ホームページを作ってあるか否かなどは関係がありません。誰でも申込みをして取得できます。何年かごとに更新の手続きが必要になりますが、一度取得すれば一生の権利となります。代行業者を介して契約することが一般的ですが、この代行業者はのちに変更することも可能で、ドメイン自体は国際的な団体が統括しています。

次にレンタルサーバーです。レンタルサーバーとは、インターネット上にホームページを置くための場所を借りるイメージです。パソコンでURLを開くときには、このレンタルサーバーに置いてあるデータが各パソコンに表示されます。ですから、「安かろう、遅かろう」といったサーバーでは困ります。あまり神経質になる必要はありませんが、サーバーの性能をある程度考慮する必要があります。大手であれば、まず心配ないと思います。さらに、容量を気にする方がいますが、今、あらたに契約すれば10GB、20GBは最低でも付いてきますので、まず使い切る心配はありません。将来的なことを考えるならば、データベースのセットされたプランを契約するのがお勧めです。

サーバーを契約すると、ドメインを1つプレゼントしますといった企画もよく目にします。レンタルサーバーと一緒にドメインの契約をすると、面倒な手続きをせずにすぐに、ドメインとサーバーを関連付けて使い始められるというメリットがあります。初めての方には、このパターンがお勧めです。

無料ブログのところでも解説しましたが、レンタルサーバーを利用するメリットは、全てを自分で直接管理できる点にあります。ドメインは自分のものなので、たとえレンタルサーバーを変えても、異なる業者に持ち込んで使用し続けることができます。
レンタルサーバーも、サービスが停止したら、他のレンタルサーバーを契約して、データを移せば継続してホームページを公開できます。

ややレベルの高い話ですが、実際にやってみればすぐに理解できると思います。本格的に取り組みたいという方はぜひチャレンジしてみてください。

[スポンサー広告]

かたい話ばかりでは疲れますから、ネットで見つけたちょっと面白いものを紹介しましょう。教会の中でしかウケないと思いますが、こんなポーチいかがですか?これからの季節のプレゼントにも喜ばれそうです!外のサイトに移動します。

フェリシモ YOU+MORE! ノアの方舟ポーチ

動物のつがいが乗ってる! ノアの方舟ポーチ 旧約聖書「創世記」でノアと家族、動物たちを大洪水から救う方舟を再現したポーチ。方舟型ポーチのファスナーチャームはオリーブをくわえた鳩の形。大洪水の収束を予感させるモチーフです。さあ、鳩の導きによってファスナーをいざ開けん。……なんと中にはたくさんの動物のつがいの姿が描かれています!みんなに見せびらかしたくなる、マニアックすぎるポーチです。

フェリシモ YOU+MORE! モーセの奇跡ポーチ

海よ、いざ割けよ! モーセが海を渡っていますぞ 旧約聖書「出エジプト記」でモーセが海をふたつに割って渡る伝説を完全再現したポーチ。杖をかざしたモーセのファスナーチャームを引っ張り、ポーチを開いていくと、じわじわと海が裂けモーセが海を渡っていくではありませんか!海をひらいた内生地には、波が割れたようなデザインと海底の砂地に逃げ遅れた魚や貝が!遊び心とこだわり満載の、マニアックすぎるポーチです。